ドラマネタバレ

奪い合い夏(奪い愛、夏)第7話のネタバレあらすじと感想。「今度は誰にも壊させない」

2019年9月23日

奪い合い夏 奪い愛、夏 7話
ありちゃん
AbemaTVで話題の奪い愛、夏。第7話が放送されました

ホラーあり、笑いありの連続に民放では放送できない!とネットでも話題騒然。

AbemaTVのオリジナルドラマの歴代視聴率1位を記録しています。

第6話では桜の頭に腫瘍があることが発覚。長く生きられないと知った杏が桜への気持ちに気がつくという衝撃の展開で終わりました。

第7話はどうなってしまうのでしょうか?

ここでは奪い愛、夏の第7話のネタバレあらすじと、感想をお伝えしていきます。

ありちゃん
感想だけ読みたい人はここからジャンプしてね

奪い愛、夏をAbemaTVで見る方法はこちらです。
AbemaTVの奪い愛、夏は無料で見れる?3分で分かるAbemaTVの視聴方法を解説

奪い愛、夏7話「もうあなたを離さない」ネタバレあらすじ

桜に奪い返されてしまった杏の愛

桜(水野美紀)が眠る病室で、杏(松本まりか)は椿(小池徹平)に「私、椿さんよりも桜さんが好きだ」という気持ちを告げる。

「桜さんと別れてから、ずっと胸の奥にしこりみたいなものが残っていて、それは罪悪感だと思ってたけど、好きなんだ…やっと気づけた。桜さんは、本気で世界で一番私のことを愛してくれている。」

椿は「俺だって、お前のことを愛している。」と言うが、杏は「ありがとう。私も椿さんが好きだった…だけどね…いろんな気持ちを取り除いて、今私の気持ちにあるのはね…私、桜さんと一緒にいたいんだ…」と話す。椿は鬼の形相で「杏!」と怒鳴りつけるが、杏は「だから私は椿さんと一緒に行けない…桜さんが愛しいよ。」と語り続ける。

その時、「愛しいって聞こえた気がする。夢の中で聞いていたのかな?」と、眠っていた桜が目を覚ました。杏はかけより、「違います!夢の中じゃない。私は桜さんが好きです。壊れるほどに愛してくれてありがとうございます」と、自分の気持ちを桜に伝える。桜は杏の言葉に感激し、泣き出してしまった。

それを聞いていた椿は激昂し、「ふざけんなよ!何が好きだよ!人のこと振り回すのもいいかげんにしろ!」と杏に怒鳴りつける。桜は「杏に当たらないで。恨むなら私を恨みなさい!」と言うが、椿は怒鳴り続け、「今のその思いは好きとか、愛じゃない。情だ。桜さんが死ぬと聞いたからだだろう!」と杏に問い詰める。

自分が死ぬことを知らなかった桜は驚き「私死ぬの…?」と杏に聞く。杏は椿にビンタし、「悪魔!」といって睨みつけた。ビンタされた椿は「上等だよ!」と言い返し、病室を去っていった。

目を覚ました桜と杏は屋上に行き、話し合う。

「私、死ぬの…?」「そうと決まったわけじゃありません。脳の中に腫瘍があって、このままいけば、もってあと1ヶ月。」「そっか…私、悲しくない!杏が私のことを思ってくれるなら、その方が嬉しいよ。もう死んでも悔いはない!」と桜が言うと、杏は「私は悲しいです。私だけ残されるんですよ」と言って泣き出す。

「無理してでも助けたいんです。桜さんとずっと一緒にいたい。だから私に無理させてください。今まで桜さんの気持ちに気づけなくてごめんなさい。」と杏が言うと、桜は「もう謝るの禁止。」と優しく応え、2人は口づけをした。

椿を想う瞳の歪んだ愛

椿がバッティングセンターで怒りを発散させていると、そこに瞳(田中みな実)がやってくる。

「奪われちゃったんですね!杏。」と椿に声をかけると、「確かにそうだな!奪われた!だけど、絶対に取り返す」と椿は言い返した。すると瞳は突然、「私、椿さんのことずっと好きだったんです。」とまさかの告白をする。

「好きだったのに殺そうとするか!火の中に突っ込んだだろ」椿は杏と暮らしていた家に瞳が火をつけたことを言っている。すると瞳は「好きだから死んで欲しいんです。振り向いてくれないから。今ならこの気持ち、わかりますよね。杏の代わりに私のこと抱いてみません?今その場のやり場のない気持ち、私にぶつけてみませんか?」と、とんでもない誘惑をしてきた。

「お前はそれでいいのか?」と椿は動揺して言うが、「椿さんが抱いてくれるならそれでいい。」と瞳が応えると、その場で瞳にキスをし、誘いに乗ってしまう椿だった。

 

ホテルのベッドで瞳が「どうでした?」と椿に聞くと、椿は冷めた表情で「全然気持ちよくなかった。」と言う。すると瞳は「そうなんだ〜。じゃあ送っちゃおうかな。今、音声全部録音してたんです。」と言い、杏にメールを送ろうとする。

焦った椿が「お前は何がしたいんだ?」と聞くと、「自分が物語の真ん中に立てないからかき回したいんです。」と答える瞳。椿は一瞬困惑したが、「送れよ。それで杏が俺に嫉妬してくれるんだったら送れよ。」と返した。瞳は思惑が外れ、「なんかそれ聞いて、送るの嫌になっちゃった」とメールを送ろうとしていた手を止めた。

椿が「どうしたらいいんだ…俺…」とうなだれると、「桜社長のこと、殺したらいんじゃないですか?病室にいる時なら殺せるかも。」と瞳が提案する。

桜の手術の成功率は3%。奇跡にかける杏の願い

杏は以前に会った医師の大和学(大鶴義丹)に話をしに行く。

「桜さんの脳に腫瘍が見つかり、余命1ヶ月と言われました。なんとか桜さんを助けてくれませんか」と杏が頼むと、「知り合いの脳外科のスペシャリストが今週日本に帰ってくる。桜さんは運がいいな」と大和は微笑んだ。杏が安心した表情で「ありがとうございます。私、なんでもします。」と言うと、大和は「美しい女性が軽々しくなんでもしますとかいっちゃいけないよ。」と返したが、その顔は何かを企んでいた。

その夜、看護師に扮した瞳と、車椅子に押され患者の振りをした椿が桜の入院する病院に忍び込んでいた。「この時間なら絶対に寝てますよ。もしうまくいったら今度は本気で抱いてくださいね」と瞳は言い、椿は1人で桜の病室に入っていった。

椿が桜のベッドに近づき、ナイフを取り出して振りかざしたその時。

「刺すならひと突きにね。来ると思ってたわ。」と目を閉じたままの桜が話し始めた。

驚いた椿は手を止める。

「椿、ありがとうね…。本当は自分のせいなのに、杏が私のところに戻ってきてくれた。あなたのおかげよ。私はほっといてもあと1ヶ月で死ぬの。だから、ここで殺されても悔いはない。そういう終わり方もいいかもしれないわね。でも杏が悲しむわ。私が先に逝くことと、あなたが人を殺めてしまうこと。その原因が私にあると知って杏は悲しむわ」

椿は桜の言葉に動揺し、「俺はまだ諦めない。杏のことを諦めない。俺はあんた以上に杏を愛してるんだ。」と言い、何もせずに病室を去っていった。

翌日、杏は大和から脳外科医の高橋崇(西村和彦)を紹介される。高橋は桜のカルテとMRIを見ると、「彼女の場合、成功率は3%以下だ。」と話し、成功率が低い手術はやりたくない。と言う。

しかし、お願いします。といって杏は土下座する。

高橋は引き受けても良いと言うが、仮に手術が成功したとしても永遠に目を覚まさない可能性もある。手術に踏み切るか、残された1ヶ月を大切に生きるかは桜が決めることだ、と杏に説明した。

 

杏は桜の病室で、高橋に説明されたことを伝える。

「もし手術が成功しても目を覚ます可能性は1%もない。でも目を覚まして元気になる可能性もある。ゼロじゃない。桜さんに決めて欲しくて。」

「杏は、どうしたい?」

「あたしは…あたしは手術して欲しいです…」

「桜さんと、ずっと一緒に居られる未来を期待してしまうんです。ゼロじゃない。もし、桜さんが目を覚まさなくても、私は桜さんの横でずっと寄り添います。」

「杏、私はあなたに後悔して欲しくないの。だから、あなたが思った通りにするから。」そういって、桜は手術をすることに決めた。

 

その頃、藁人形に「桜」と紙を貼り付け、五寸釘を打つ椿の姿が。

そこへ土筆(小出伸也)がやってきて、「残念なお知らせです。桜社長が手術をすることになりました。それでも手術が成功する可能性は3%以下。」と報告する。

それを聞いた椿は血相を変えて、「失敗しろ!失敗しろ!失敗しろ!」と五寸釘を打ち続け、「1日もはやく死んで杏には夢から覚めてほしい!俺が愛すべき人だってことに気づいて欲しい!」と叫ぶのだった。

杏の決意と桜の手術

病室で白いジクソーパズルを作っている桜。あと少しで完成、というところで病室にやってきた看護師がバランスを崩し、パズルが落とされバラバラに崩れてしまった。ショックを受ける桜と杏。

その時杏の携帯に大和から着信が入る。

街中で落ち合う杏と大和の姿を目撃た姜(テジュ)は2人のあとを尾けてゆく。

大和は杏をバーに連れて行くと、桜の手術を担当する高橋が海外に戻るため手術ができないかもしれない、と話す。すると杏は「私、なんでもします」と頼み込む。待っていた杏のセリフに、大和はホテルへ誘う。杏は動揺するが、「お返しもしないで、自分の都合のいいようにことが進むなんて思うなよ」と言われ、覚悟を決める。

様子を伺っていた姜が、杏がトイレへ立った好きに止めに入り、「好きでもない男に抱かれていいのか?」と聞くが、杏は「好きでもない男に抱かれないと、大切な人を助けられない」と無表情で応え、大和について行く。

その頃、椿はタバコをくわえスロットを打ちながら荒れていたところだったが、姜から着信が入り杏を助けに行こうとする。ホテルに入ろうとする大和と杏の姿を見つけ、「杏!」と叫ぶが、杏は椿を見て「こないで!来たら警察に通報する。」と冷たく追い払い、ホテルに入ってゆく。

杏が大和に抱かれているその夜、ホテルの玄関前では椿が悔しさと怒りで泣き叫び、のたうちまわっている。桜は病室で真っ白なジクソーパズルを完成させ、「できたよ杏。今度は誰にも壊されずに…」と微笑んでいた。

 

そして手術の当日。桜と杏は完成させたジクソーパズルに2人の絵と、ずっと一緒にと言う言葉を添えて飾っていた。桜は、「言えなくなると嫌だから。愛してる」と杏に言葉をかけるが、杏は「私は返しません。また絶対に会えるから。」と手術の成功を信じていた。

一方、椿は大和に復讐のため、待ち伏せをして襲いかかろうとしていた。大和にナイフを向けたその時、屈強なSPに取り押さえられ、ボコボコにされてしまう。

「あれは彼女の希望だ。僕は脅してなんかいない。」と笑う大和に、血を流し倒れながらも「お前を地獄に落としてやる!!」と睨みつける椿。しかし大和は「落とせるものならやってみろ!」と高らかに笑い去って行ってしまった。

手術の結果。目を覚まさない桜

桜の手術が終わり、手術室を出てきた高橋は「何千回と手術してきたけど、こんなに難しいのは初めてだ。2週間。それが目安だ。それまでに目を覚まさなかったら…」と言って言葉を濁す。

杏は桜が目を覚ますようにと、必死に祈り続け、神社や滝に打たれるなどあらゆる願掛けをした。

「桜さんが目を覚ましますように。桜さんが目を覚ましますように…」

しかし、2週間を過ぎても桜は目を覚まさなかった。それでも桜の横で、寄り添い続ける杏。

椿は五寸釘に「大和」と貼り付け、「地獄に落ちろ!地獄に落ちろ!」と打ち続けていた。

ある日、看護師にまたも飾っていたジグソーパズルを崩されてしまう。

その時、大和が見舞いにやってくる。「もしかして桜さんのことが好きなのか?」と大和が杏に聞くと、「好きです。私は桜さんが好き。」と杏は正々堂々と答える。「それを知るとなおさら君が輝いて見える。また君とロマンチックな夜を過ごしたい。」と大和が杏に迫ろうとしたその時、眠り続けていた桜の目が開いた。

「奪い愛、夏」7話の感想

・第1話から比較すると完全に狂っててヤバイ奴が椿、愛情深くて優しく可愛らしいのが桜さん。って立場が変わってるのがおもしろい!椿さん、もう正常な人間には戻らないんだろか…(スロットで荒れてるシーンはちょっとかっこよかった。)五寸釘の演出はコントとしか思えません。笑

・田中みな実ちゃんの誘惑シーン、あれ必要だった?笑 みな実ちゃんが好きだから、「みな実ちゃんの無駄遣い!!」って思ってしまった…しかし椿も杏も、あんなに愛してる愛してるいうくせに迫られたら簡単に身をゆだねてるところがクズw  杏も最後嫌がってなかったもんね…桜さんが目を覚まさなくてもずっと寄り添うって言ってたけど、杏の場合また誰かに言い寄られたらコロッといっちゃうでしょ。。

・小池徹平さんも松本まりかさんも頭おかしい演技うますぎてファンになりましたw

・予告にまさかの三浦翔平くん!「蘭さん?」って言ってるってことは奪い愛、冬の康太?髪が短いから印象違うけど…ショートカットの水野美紀さんは桜?それとも蘭??なんにしても水野美紀さんが綺麗!かわいい!まさか一番好きなキャラクターになるとは。

ありちゃん
まさかの大どんでん返しってどういうことだろう?ラストの展開が全く予想つかない!

桜社長のインスタには三浦翔平くんも登場しています!!

インスタのキャプションを読むと、知らない男性、とあるので蘭=桜ではないようですね。

前作、「奪い愛、冬」を無料で見る方法

前作の「奪い愛、冬」の蘭さん(水野美紀さん)や康太(三浦翔平くん)がもう一度見たい!

奪い愛、夏と冬を比較してみてみたい!

と思った人も多いのではないでしょうか。

奪い合い、冬のテレビ再放送は現在予定されていません。

動画配信サービスではU-NEXTで配信中です。

奪い愛、冬をU-NEXTで全部見る

U-NEXTは入会から31日間無料・さらに入会時に600ポイントがもらえるのでポイントで見ることもできちゃいます。

U-NEXTを31日間無料体験

奪い愛、冬を1話から見直して、蘭と桜のつながりを考察してみたいですね!


-ドラマネタバレ

Copyright© ありよりのあり , 2020 All Rights Reserved.