ドラマネタバレ

奪い合い夏(奪い愛、夏)第6話のネタバレあらすじと感想。ついに奪い合いバトルも決着

奪い合い夏 奪い愛、夏 7話
ありちゃん
AbemaTVで話題の奪い愛、夏。第6話が放送されました

ホラーあり、笑いありの連続に民放では放送できない!とネットでも話題騒然。

AbemaTVのオリジナルドラマの歴代視聴率1位を記録しています。

第5話では桜と杏が過去に恋人関係であったことが判明。そして椿がどんどん壊れていき、杏の自由を奪ってしまいます。

第6話はどうなってしまうのでしょうか。

ここでは奪い愛、夏の第6話のネタバレあらすじと、感想をお伝えしていきます。

ありちゃん
感想だけ読みたい人はここからジャンプしてね

奪い愛、夏をAbemaTVで見る方法はこちらです。
AbemaTVの奪い愛、夏は無料で見れる?3分で分かるAbemaTVの視聴方法を解説

奪い愛、夏6話「もうあなたを離さない」ネタバレあらすじ

桜(水野美紀)の監視を逃れ、群馬の田舎町の小さな家に逃げ込んだ椿(小池徹平)杏(松本まりか)。

杏の妊娠が判明し、喜ぶ椿に「私産んでもいいのかな…」と不安な様子の杏だったが、椿は大丈夫と抱きしめる。

 

一方、2人の家まで突き止めていた桜は「私と以外幸せになれないのよ!」と叫び、椿が育てていた畑の作物を荒らしていく。

 

翌朝、外に出た椿は畑が荒らされていることに気がつく。

「俺たちの城が…!誰がこんなことを。」

遅れてきた杏も畑の状態を見て、「もしかして、桜さん…」と呟く。

「負けるもんか!!!俺は負けないから。杏とお腹の子を守る!絶対に杏を奪わせない」

そういう椿の表情は鬼の形相だった。そして、部屋に鍵をかけて杏を閉じ込めるという。

杏はそんな椿の様子に恐怖を感じはじめている。

 

 

その頃、喫茶店で桜・部下の土筆(小出伸也)・井川瞳(田上みな実)の3人が作戦会議をしている。

杏が鍵をかけた部屋に閉じ込めれていることを土筆が桜に報告すると、

桜は「結局椿といても自由を奪われているじゃない。」と言い放つ。

鍵をかけていたら杏を連れ出せない、なんとかしろと桜が2人に命令すると

瞳は「桜社長、最悪私、椿さんを刺して殺せますから。」と不審な笑みを浮かべる。

 

鍵をかけられ暗い部屋に閉じ込められている杏は、

「これでいいのかな…自由になりたいよ…外に出たいよ…」と過呼吸を起こし、錯乱状態になっていく。

外で畑仕事をしている椿は杏の異変に気がつかない。

限界になった杏は鍵を壊して外に出てしまう。

 

外で待ち構えていた土筆と瞳は、杏に襲いかかり、「ここから出してやる。」「これで自由になれるわね。」と杏に囁く。

杏の叫び声に気がついた椿は、油断していた瞳を人質にとり、手に持っていた鍬で脅しをかける。

「鍬で目をえぐるぞ、杏から手を離せ。俺は本当にできるぞ」と瞳の顔に近づけていく。

椿の本気にひるんだ土筆が杏を離すと、

「次に来たら俺は躊躇なくお前を殺して畑に埋めて肥料にする」と言い放つ。

殺気立っている椿に恐怖を感じる杏。

 

杏が勝手に外に出てしまったことを椿は咎めるが、

鍵はかけない。その代わりにこういうものを買ってきたと言い、杏に手錠と鎖を渡す。

「こんなのつらいよ」と杏が訴えると、

「どうしてだよ!俺はお前のために一生懸命やってるんだからな!杏も協力してくれよ!!!」

と怒り、大声で叫んだかと思えば、すぐに微笑み「泣かなくていいんだよ」と杏を撫でる。

その様子はもう以前の優しい椿ではなかった。

 

杏を連れ出せなかったことを桜に攻められた土筆は、

「分かった。あの家を燃やしちゃおうか。燃えちゃえば出てくるでしょ」と言いだす。

「そんなことしたら死んじゃいますよ」と瞳が却下するが、

「だよね。そんなことしたらいけないよね〜」と返す土筆の目は笑っていなかった。

 

その夜、杏は外が燃えていることに気がつき、椿を起こして逃げようとするが、杏の手錠の鍵が見つからない。

やっと鍵を見つけて2人は逃げ出し、燃え落ちてゆく自分たちの城を見つめ絶望にくれる。

そこへ、待ち構えていた土筆に後頭部を殴られた椿は気を失ってしまう。

杏は土筆に連行され、残る椿は瞳が火の中で始末するという。

「綺麗な顔が炎で燃えるところ、見たいわぁー!」と笑い声をあげる瞳だった。

 

桜の家に連行された杏は、ここでも手錠をかけられる。

「やめてくださいお願いします。私妊娠してるんです」と杏が告げると、

困惑した桜は一瞬、「あー鈴が鳴る…」と顔を歪め頭を抑えるが、

「あーわかった。その子は私と杏の子だ。ずっと願ってたから、できたんだ!」と、突拍子もないことを言いだす。

ママですよーとお腹に話しかけ、顔をうずめる桜に、恐怖を隠せない杏

「なおさら、離さない」といって桜は追い討ちをかけていく。

 

その頃、椿は姜(テジュ)に助けられてホテルの部屋にいた。

「すみません。僕が居場所を言ってしまったから」と姜が謝ると、

椿は殴ろうとした手を止め、「全部俺が悪いんだ。全部俺のせいだ。杏は俺といたら幸せになれないのかな。どう思う?」と姜に聞いた。

「椿さんといることが幸せだと思います。」と姜が答えると、

椿はなにか吹っ切れたかのように笑い出し、「やっぱそうだよね。杏!待っててねー!」と叫びだした。

 

椿はラブネクスト社内にバットを持ってやってくる。

その目は充血し、表情はなかった。

椿はかつての同僚に向かって「杏を奪いにきた。桜社長を出せ。」というと、バットを振り回し、物を破壊していった。

瞳が椿の行動を止めようと前に立ちはだかるが、椿は瞳の腰に向けて容赦なくバットを打つ。

「女だから殴らないと思った?お前は女の前に人じゃねえ!」倒れた瞳にさらにバットを振り落としていく。

 

社長室に乗り込んだ椿は「杏はどこだ。家の鍵を出せ。お前の頭から血流すぞ!」と叫び、桜に襲い掛かるが

桜はバッドを掴み、椿を突き飛ばす。

「自分の身は自分の身で守れるのよ杏なら私の家の方が居心地がいいって」

取っ組み合い椿の髪を掴み、振り回す。力は桜の方が強かった。

「情けないわねえ」

椿は桜の一撃に蹴りに倒れ込んでしまう

「あんずぅぅ…杏に会いたいよー」

しかし、その瞬間「鈴が鳴る…どうしてこんな時に鈴が鳴るの…」と桜は悶え苦しみ、気を失って倒れてしまう。

 

大丈夫だから…大丈夫だから…と必死におなかに呼びかけている杏のところへ、椿がやってきて手錠を外す、

「もう自由だから、行こう!」

手を引き止める杏。

「このまま行っても自由になれないよ」

「あんな頭のおかしいやつに分かってもらえるわけないだろ!」

「桜さんだけじゃない、椿さんだっておかしいよ。椿さんといても全然自由じゃない、辛かったよ」

「分かった、行こう。桜社長のところに」

その頃、桜は病室で目を閉じ、気を失ったままだった。

そばにいる土筆は泣きながら桜に謝り続けている。

病室に話をしにやってくる椿と杏。

そこへ桜の叔母という女性がやってくる。

「もしかしてあなたが杏さん?話があるの。」

「桜から聞いているでしょ。私たちが桜にしたこと。許されることじゃない。

あの子がうちにきてすぐに、夫が桜に女を感じていたことに気がついていた

ひどい当たり方をしてしまった。

あの子に殺されたってなんの文句も言えない。だけど、1年前に桜が私を訪ねてきてくれたの

今、愛している人が女性だってことを話してくれた。そして、その子が杏っていう名前だって

でもうまくいっていない、とっても苦しい、つらいって。

人を愛することってつらいんだね。そう言って許してくれたの、私を。

なのに、桜は…」

「桜さんは何かの病気なんですか。」

「桜はまだ気がついていないんだけど、頭の中に腫瘍があるって。」

このままだと長く生きられないかも

杏は戸惑いを隠せず、目が泳ぐ。

 

病室に戻った2人は、目を覚まさない桜の姿を見ながら話している。

「杏、さっきの話聞いてどう思った?」

「病気のこと?」と杏が聞き返すと、

「おれ、正直言うね。ラッキーだ!」そう言って、椿は笑い出す。

「俺たちはもうこいつに気を使う必要がない!

やっと俺たちに神様が味方してくれた。もう行こう。絶対に苦しめない。だから行こう!」

しかし、杏は椿の手を振り払う。

「私、さっき気がついた…私ね…

桜さんのこと好きだ。

椿さんよりも好きだ。」

そういって涙を流すのだった。

「奪い愛、夏」6話の感想

・椿(小池徹平くん)がどんどん壊れていってヤバいやつになりすぎ!会社にバットもって田中みな実ちゃん、土筆さんを打ちのめしちゃうシーンはびっくりしすぎた。田中みな実ちゃん、どうなっちゃったの?気になりすぎて次が頭に入らなかった!

・椿の目が赤く血走ってて怖さ倍増だった(サイコパスからの笑顔というパターンが多すぎて一辺倒すぎるなとは思ったけど)

・桜社長と椿のバトルシーン。桜社長かっこよすぎ。桜さん可愛いしかっこいい、私もだんだん好きになってきた…

・妊娠を告げた杏のお腹にママですよーというところが今回の一番のホラーシーンだったかな?

杏(松本まりかちゃん)の恐怖の表情のほうが怖い!

・桜社長の頭の鈴の秘密…過去のトラウマがらみかな?と予想してたけど、病気だったとは。最後は病気でオチをつけちゃうよくあるパターンで残念

・椿はもうすこし杏の気持ちを考えてあげたらよかったのに…登場人物みんな自分のことしか考えてない!

前作、「奪い愛、冬」を無料で見る方法

前作の奪い愛、冬の水野美紀さんのあの名シーンがもう一度見たい!

奪い愛、夏と冬を比較してみてみたい!

と思った人も多いのではないでしょうか。

奪い合い、冬のテレビ再放送は現在予定されていません。

動画配信サービスではU-NEXTで配信中です。

奪い愛、冬をU-NEXTで全部見る

U-NEXTは入会から31日間無料・さらに入会時に600ポイントがもらえるのでポイントで見ることもできちゃいますよ。

U-NEXTを31日間無料体験

奪い愛、冬を1話から見直して、蘭と桜を見比べてみるのも楽しいです。


-ドラマネタバレ
-

Copyright© ありよりのあり , 2020 All Rights Reserved.