ドラマネタバレ

「奪い愛、夏」第2話のネタバレあらすじと感想。第2話からは水野美紀のギャグホラーが炸裂します

2019年8月15日

奪い合い夏 奪い愛、夏 7話
ありちゃん
AbemaTVで話題の奪い愛、夏。第2話が放送されました

第1話は桜社長の軽いジャブでスタートしましたが、2話からグッとホラーみが増します

ここでは奪い愛、夏の2話のネタバレあらすじと、感想をお伝えしていきます!

奪い愛、夏をAbemaTVで見る方法はこちらです。
AbemaTVの奪い愛、夏は無料で見れる?3分で分かるAbemaTVの視聴方法を解説

奪い愛、夏2話のネタバレあらすじ

桜と椿の結婚ニュースのその後

桜(水野美紀)椿(小池徹平)の結婚ニュースの反響でマッチングサイト・ラブネクストの会員数は20万人以上も増加した。

1億円の結婚は安いものだと話す土筆(小出伸也)と桜。

しかし椿は結婚以前から交際していた杏(松本まりか)とこっそり連絡をとりあっていた。

椿の部屋で帰りを待つ杏。「この部屋は引き払わなくて大丈夫なの?」と聞く杏に、この部屋は自分の個人口座で払っているから大丈夫、杏と2人の空間だから絶対に守る、と宣言する椿。

しかし、密会から帰宅する椿に何をしていたのか問い詰める桜は、椿の全身をコロコロにかけたり匂いを嗅ぎ、浮気をしていないか取り調べを始める。1日仕事をしてきたのに汗の匂いがしないと指摘され、椿は冷や汗をかく。

椿は同僚の姜(テジュ)に、桜社長とは愛し合って結婚したわけじゃなく、杏と付き合っているという秘密を打ち明けてしまう。

「その理由をいってくれないとどう理解していいかわからない」と驚きを隠せない姜だったが、椿には助けられたことがあり信じているので応援すると約束する。

謎のドアと、桜の過去

椿が仕事から帰宅すると桜が不在だった。他の部屋には入らないようにといわれているが、異様な空気を放っているあるドアの向こうが気になってしまう。椿はドアノブに手をかけるが、鍵がかかっており、開けることができない。その行為を桜に見つかってしまう。

「今度言いつけを守らなかったらこの指をちょんぎってやる」という桜に震え上がる。

椿の実家の和菓子屋に挨拶にいってきたという桜は椿の父が作ったどら焼きを口にするが、一口食べてゴミ箱に吐き捨てる。

「よくこんな味で40年もやってこれたわね。本音を言ってあげてるんだから優しいでしょ」という桜。

桜は自分の過去の話を始める。

桜が高校生の頃に、母親はガンになり、治療費が払えなくなった父は銀行からお金を借りたが母親は1年で亡くなってしまった。

母が亡くなった後も借金が返せず、苦しんだ父親は首を吊って死んでしまったのだという。

「あなたのお父さんはラッキーよ。あなたが私に買われたんだから。」

自分の父親をバカにされ、腹立つ椿だが、桜の過去を聞き何も返せなかった。

そして椿は桜からブラックカードを手渡され、明細はすべて土筆が管理するという。

個人の銀行口座は今週中に解約しなさいと迫られる。住んでいた部屋も解約させられることになり、途方に暮れる椿。

杏への嫌がらせがスタート

椿は社内の会議室で杏と密会し、解約させられる部屋のことを伝える。杏の部屋で会えないかという椿だが、頑なに断る杏。

そんな時、杏が会社のPCを立ち上げるとホラー画像が表示される。姜が気づき、杏を助けるがこのことを椿には言わないでと口止めする。

事情を知っている姜は訝しげだ。

そんなことはつゆ知らず、桜と椿の結婚を祝いたいという、杏の親友の瞳(田中みな実)

杏は体調が悪いので行けないというが、押し切られて参加させられてしまう。

お祝いの場では、2人の馴れ初めなどを聞かされ、杏の目の前で桜が椿にキスをする。

居心地が悪かった杏はついに過呼吸を起こし、救急車で運ばれてしまう。

杏を気遣うふりをし、病院まで付き添う桜だが、病室から去ると「本当に迷惑。ああいう女」と吐き捨てる。

鬼の居ぬ間の伊豆旅行

そんな中、桜が3日間シンガポールに出張することに。ここぞとばかりに椿は杏を旅行に誘う。

桜が玄関を去ると同時に準備をする椿だが、デートに着ていく服を選んでいると忘れ物をしたという桜の姿が。

「ずいぶん楽しそうね。」と意味深な笑顔の桜に恐怖を感じる椿。

 

杏との待ち合わせに現れた椿はサングラス、マスクという怪しい出で立ちだった。

伊豆へと向かうが、旅館も椿は偽名で予約している。

こそこそ付き合わなければならず、2人でいれることを心から楽しめない杏は落ち込み、せっかくの旅行で別々に寝ることになってしまう。

そんな杏の気持ちを汲み、翌朝、やっぱり堂々と外に行こうという椿は、変装もやめ、杏とのデートを心から楽しんだ。

杏も気をとりなおし、仲直りして愛を確かめ合う。

「好きな人と手を繋いで街を歩いたり、普通のことがすごいんだね。こういう幸せを噛み締めていきたい」と幸福感であふれていた。

恐怖の伊豆シャボテン公園

次の日、2人は伊豆シャボテン公園に行くことに。

だがそこに桜から突然の電話がくる。

急用で急遽日本に戻り、今、保養所を作るために伊豆に来ているという。急いで逃げようとする二人の前に、桜の姿が。

土産物屋のトイレに逃げ込む2人だが、感のいい桜は2人が隠れている個室を追い込みノックを執拗にする。

しつこい桜は、個室を上から覗こうとするが、あと少しというところで来客がきたため桜は去っていく。

抱きしめ合い、震え上がる椿と杏だった。

帰宅した桜が椿に不在のあいだ、ずっと家にいたのかと聞き、「家にいた」と嘘をつく椿だったが、

出かける前に変えていったトイレットペーパーが全く使われていないと指摘される。

 

同じ頃、杏の部屋のパソコンではまたも同じホラー画像が表示されており、悲鳴をあげている杏のシーンで第二話が終わる。

奪い愛、夏2話の感想

第2話までで気になった謎と、ツッコミどころ。以下箇条書きですが、すみません。

・桜の頭の中で鳴る鈴とはなんだろう…?桜の過去と関係はあるのか。

・桜の家には秘密がある。杏が頑なに自分の部屋に呼ばないのも関係があると思う。実は、桜と杏は過去に何かの関係があり、桜は椿ではなく杏に執着しているのかも?

・桜と椿のお祝い会で過呼吸を起こす杏、かわいそうなシーンだけどかなりのオーバー演技で笑ってしまいました。笑うところだったのかな?

・土筆さんの毎回の合いの手もウザしつこいけど笑いどころ。

・デートシーンの挿入歌、倖田來未!懐かしいっ!

・椿と杏のイチャイチャシーンは無駄にキスしまくるので恥ずかしい〜。

・伊豆シャボテン公園のデートシーンが普通にカップルのデートで可愛すぎたしほっこりしたけど、桜の登場からの逃走は完全にギャグ〜!!もう、笑いがとまりませんでした。汗 トイレのシーンの社長はこわすぎたー!!!でも、ホラーと笑いが交互にきて、視聴者の感情を大混乱させます。これ、地上波じゃないのがもったいないー!笑

もっと多くの人と共有したいです。

・演じている水野美紀さん、小池徹平さん、松本まりかさんの3人もこれをやるのは大変だろうな〜

水野美紀さんは、天才女優

第2話の全体の感想としては、めっちゃ面白かったし、楽しめて45分あっという間です。abemaTVはCMがなく一気に見れるのがイイ!

ただ1つ、ホラーグロ画像は本当に苦手でショックなのであんまり長く映さないで欲しかった(/ _ ; )

ホラー画像を見せるって杏への嫌がらせ、地味じゃないですか…。これからもっとエスカレートしちゃうのかな。

このシーンがあると思うと見続けられるか不安です涙

 前作「奪い愛、冬」の再放送は?

前作の奪い愛、冬の水野美紀さんのあの名シーンがもう一度見たい!

奪い愛、夏と冬を比較してみてみたい!

と思った人も多いのではないでしょうか。

奪い合い、冬のテレビ再放送は現在予定されていません。

動画配信サービスではU-NEXTで配信中です。

奪い愛、冬をU-NEXTで全部見る

U-NEXTは入会から31日間無料・さらに入会時に600ポイントがもらえるのでポイントで見ることもできちゃいますよ。

U-NEXTを31日間無料体験

奪い愛、冬を1話から見直して、蘭と桜を見比べてみるのも楽しいです。


-ドラマネタバレ
-,

Copyright© ありよりのあり , 2020 All Rights Reserved.