映画をいつでも1200円で見る >>

タピオカの次に流行するスイーツを大予想!令和にきてる最新スイーツまとめ

6 min
タピオカの次に-流行するスイーツ-大予想.

[st-kaiwa1]タピオカ、もちもち甘くて美味しいよね。どんどんお店が増えていくけどブームはまだ続くのかな?[/st-kaiwa1]

若者流行の聖地・原宿では東京タピオカランドが8月オープンするほど、人気が続いているタピオカですが

噂ではタピオカの生産が追いつかずに売り場を縮小しているところもあるみたい。

・タピオカに飽きてきた人が増える

・生産が追いつかずにタピオカの価格が高騰する

となってくると、そろそろタピオカの次に流行るスイーツが気になりますよね。

今回はこれまでの流行スイーツの傾向を元に、最新の情報をリサーチみました。

次にブームになる令和スイーツは意外と身近なものかもしれません。

平成に流行したスイーツの歴史を振り返ってみる

そもそも流行スイーツとは一体どこから広まっていくのでしょうか?

一部では女性向け情報雑誌「Hanako」がティラミスの特集を掲載した時に爆発的にヒットしたことが始まりだと言われています。

[st-midasibox title=”平成に流行した主なスイーツ” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

1990年(平成2年) ティラミス

1992年(平成4年) 第一次タピオカブーム

1993年(平成5年) ナタデココ

1994年(平成6年) パンナコッタ

1996年(平成8年) スタバが日本上陸

1999年(平成11年) シナモンロール(シナボン)

2002年(平成14年) マンゴープリン

2006年(平成18年) グレイズドーナッツ(クリスピークリームドーナッツ)

2007年(平成19年) 生キャラメル

2008年(平成20年) 第二次タピオカブーム

2012年(平成24年)〜 パンケーキ

2017年(平成29)年 チョコミント

2018年(平成39年) 第三次タピオカブーム

[/st-midasibox]

ブームになったものをおさらいしてみると

・ティラミスやパンナコッタのように海外から輸入されてきたスイーツ

・ナタデココ・タピオカのように新素材・新食感のもの

・スタバ・クリスピークリームドーナッツなど海外で人気のお店が日本上陸

などのブームとなるきっかけがあることがわかります。

[st-kaiwa1]ティラミスのように定番スイーツになったものもあれば

見かけなくなっちゃったものもあるよね

タピオカは3回もブームがきているしこのまま定着するかな?[/st-kaiwa1]

次に流行するドリンクはチーズティー

チーズティーは台湾が発祥のタピオカの次に来るスイーツドリンクと言われています。
紅茶や烏龍茶などのお茶の上にチーズクリームをのせたドリンクです。

台湾から始まったチーズティーブームは、その後アメリカやイギリス、そしてアジア各地に広まりようやく日本へ到来してきました。

ドリンクにチーズという今までになかった組み合わせがウケていて、

スイカに塩をかける
チョコでコーディングしたポテトチップス

のように2つの味が溶け合っています。

混ぜずに飲んでも美味しいし
混ぜて2つの味をブレンドして2度楽しめるスイーツです。

[st-kaiwa1]紅茶、烏龍茶、ほうじ茶にチーズが元祖みたいだけど、マンゴーやストロベリーなどのフルーツの組み合わせもきてます

タピオカに次いで専門店も増えてきてる![/st-kaiwa1]

インスタ映えして美容・健康にも良いレモネード

レモネードブームのきっかけは原宿にある専門店のLEMONADE By lemonica (本店は石川県金沢!)

インスタ映えする綺麗な色のドリンクと、さっぱり美味しく飲めるレモン味と、美容健康効果が注目の理由です。

この夏はローソン、カゴメなど大手メーカーからもレモネードが登場しています。

[st-kaiwa1]甘ったるいタピオカミルクティーやクリームチーズが苦手な人はレモネードブームはうれしい![/st-kaiwa1]

▽関連記事
【スッキリTOUCH】タピオカの次にブームがくるトレンドドリンク3選!人気はやっぱりインスタ映え!

わらび餅いりドリンク

スッキリでもタピオカの次にくる流行するドリンクとして特集していたわらび餅いりドリンク。

▽関連記事
タピオカの次にくるのはわらび餅いりドリンク!話題のお店とSNSの反応まとめ

わらび餅は黒糖で味付けされていて、タピオカのように甘くてプルプル、もちもち、とろける食感がたまりません。

タピオカに負けじと全国各地でお茶専門店さん・老舗和菓子店などが頑張って新メニューを開発されています。

でも実は、わらび餅なら自宅でも簡単にできちゃうんですよね。

[st-kaiwa1]わらび餅も昔からずっとあった和スイーツだけど、タピオカで再注目されています

とろとろモチモチ食感がさらに極められていろんなバリエーションが出てきそうですね

わらび餅好きには是非とも加熱してほしいブームです[/st-kaiwa1]

韓国からきたオレオスイーツのブーム

オレオクッキーを細かく砕いて味付けしたスイーツ

オレオチュロス
オレオスムージー
オレオシフォンケーキ
オレオかき氷

などなど様々なアレンジでオレオ系のスイーツが急増しています。

ブームの元は韓国から!韓国では2年ほど前からオレオが大流行しています。

 

日本で有名なオレオかき氷のお店、雪のはな。大阪に2店舗あります。

[st-kaiwa1]インパクトとボリュームたっぷりで甘いもの好きさんにはたまらない[/st-kaiwa1]

関連ランキング:カフェ | 大阪難波駅心斎橋駅なんば駅(大阪メトロ)

オレオ独特の歯ざわりと見た目も白と黒のしましま模様が映えやすいスイーツと話題になっています。

 

他にきそうなスイーツ「お餅」と「瞬速」

第三次タピオカの爆発的ブームから推測すると、スイーツの流行は

「インスタ映え」「食感」が重要になっているのは間違いありませんが

じわじわときているのが「和テイスト」です。

そこで、次にきそうなスイーツを他にも予想してみました。

・お餅系スイーツ

もちもち、とろとろ、噛みごたえのある食感がさらにアップ

アイスやケーキ、クレープなどにお餅スイーツが組み合わせられたものなどが流行する(予想!)

・瞬速スイーツ

賞味期限が30分、予約不可の信玄餅
賞味期限が30分のモンブラン
10分の賞味期限のパイ
58秒のおせんべい

など、食べごろ、賞味期限が極端に短いスイーツが各地で話題になっています。取り寄せ、予約不可なので並ぶしかありません。

行列が好きな日本人には話題性が高いスイーツになりそうです。

令和にきそうな流行スイーツまとめ

流行するスイーツを見てみるとその時代を表しているようで、ブームの変遷をたどってみたり、時々時代に逆らってみるのも楽しいかもしれません

今では見かけなくなってしまったものもありますが、美味しいスイーツはずっと残って欲しいですね

[st-kaiwa1]令和スイーツも期待![/st-kaiwa1]

スポンサードリンク
ありちゃん

ありちゃん

映画とドラマが生きがい。映画検定3級。月10本以上の映画鑑賞と動画配信サービス(VOD)を使ってドラマを見まくる毎日です。
これはいいかも=ありよりのありな情報を紹介します。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です