ドラマネタバレ

【フォロおわ】フォローされたら終わり14話のネタバレあらすじ!犯人は壮太郎?

フォローされたら終わり あらすじ キャストのプロフィール情報まとめ AbemaTV 無料
ありちゃん
AbemaTVで放送のフォローされたら終わり

あらすじ書き起こしとネタバレ考察しています!

当ブログではフォローされたら終わりに関する情報のまとめと考察を徹底的にやっていきます。

▽ドラマの基本情報やキャストに関してはこのページから

犯人考察だけを読みたい人はこちらからどうぞ。

フォローされたら終わり あらすじ キャストのプロフィール情報まとめ AbemaTV 無料
【フォロおわ】フォローされたら終わり最終回前の予想。犯人わかりました!

続きを見る

※このページではネタバレを含みますのでご注意ください※

フォローされたら終わり14話のネタバレあらすじ

第14話 クライマックスのキスをした

壮太郎の配信がはじまった。

壮太郎「どうも、こんにちは。えっと、うつってるのかな。オレ、ある人を探したくて、この配信をやってみたんですけど。でもやっぱりやめます!」

純子「は?」

配信を見ているゆまも驚く。

壮太郎「自分が会いたいからって、相手の情報晒したり、拡散したりするのはやっぱり違うかなって思うから。」

配信を見ていたミズキは、「やっぱりこの子おもしろ」といって配信を拡散させた。

ミズキのシェアから続々と視聴者が集まってくる。

壮太郎「今日は謝ろうかなって思って。」

純子「ちょっと、なに言ってるの(小声)」

壮太郎「オレが探しているお世話になったあの人にも、オレのせいで不安にさせちゃったあの人にも。一緒にいる人たちのこと全部知ってる気になってて。らない面なんてあって当たり前なのに、偉そうなことばっかり言って。綺麗事ばっかり言って、本当にごめんなさい」

壮太郎は画面に向かって頭を下げる。

壮太郎「俺、高校のときのこと、ずっとずっと後悔してて。あの時、なんか別の道があったんじゃないかって、今でも考えてて。そういう後悔はもう二度と作りたくない。もう誰も恨んだり疑ったりしたくないっていうか。えっと、何が言いたいかっていうと…どんなことがあっても、俺にとって先生やみんなは最高だってことです。以上!」

壮太郎は一方的に言って配信を止めた。

純子「…もう、なにやってんの…」

純子は壮太郎の言葉を聞いて泣いていた。

純子「純子何やってんだろ。必死に犯人探したってもうなんにも元に戻らないのに。なんで純子は壮太郎みたいに正しい答え出せないんだろう。いつも、自分のことばっかりで…間違ってばっかり…」

壮太郎「間違えたってやり直せばいいんだよ。純子も、俺も、俺たちも。それに俺だって自分が正しいかなんてわかんねーよ。ただ、今の配信。いつか姫野先生にみてもらえたらいいなって。それだけ。」

壮太郎は少しスッキリしたような表情だった。

 

ゆまに壮太郎から電話がかかってくる。

「ゆまちゃん、姫野先生の家がわかった。配信切った後、DMがきたんだ。オレ、これから言ってみようと思う。…ごめん、俺たちあんな別れかたしたのに」

ゆまは電話をつないだまま外にでると、壮太郎もゆまの部屋の前まで来ていた。

壮太郎「いったん俺たちのこと忘れて、会いに行きませんか」

壮太郎はゆまの手をとって駆け出した。

 

姫野の家にたどり着いた2人は、インターホンを押すが、不在のようだった。

しばらく壮太郎が待っていると、買い物帰りの姫野が声をかけた。

「…壮太郎?…えっ、ゆま?」

姫野は突然の訪問に驚いた。

 

姫野の部屋に上がった2人。壮太郎は頭を抱えている。

姫野「で、なにから話す?偽教師になったくだり?」

ゆま「先生…」

姫野「せっかく来てくれたんだもん。なんでも話すって。」

その時、ただいまーと小学生の男の子が帰ってきた。

姫野「あ、こいつまさと。私の息子。」

壮太郎「息子?」

姫野「あ、そっか。学校でまさとの話ししてなかったもんね。」

まさと「もしかして生徒受けねらってたとか?」

ゆま「…先生ご結婚されてたんですね。」

姫野「してなーい。まさとができたとわかった途端、音信不通。それで大学辞めることになって。」

姫野は大学を辞め、仕事先もなくなり、新しい仕事も見つからず途方に暮れていた時に大学時代の友達が教員免許状SNSあげてるのみて、偽の免許状を作って学校に面接に行ったと打ち明けた。

姫野「お金を稼ぐだけなら、他にいろんな道があった。でも、結局私、先生になりたかったんだと思う。クビになるまでの三年とすこし、教師を勤めた後、職を転々として、今はスーパーの裏で、食材管理の仕事してるよ。」

ゆまと壮太郎は顔を見合わせた。

姫野「じゃあ今度は私からしつもーん。お二人はつきあってるんですか?お付き合いはじめたんだよね?いつから?」

まさと「かあちゃん、興奮しすぎー」

姫野「だってー。この2人が結ばれたと思うと、感慨深いよぉ〜」

嬉しそうに話す姫野の姿に、ゆまと壮太郎は「ちがうよね、やっぱり」と考えていることを確かめた。

姫野「ん?どうした?」

ゆま「先生は、百万円社長じゃないですよね?」

姫野「百万円社長?えっ?誰それ。」

まさと「フォロバされると、百万円くれるっていうアカウント。俺も最近フォローして。」

ゆま・壮太郎「だめ!」

 

ゆまと壮太郎はまさとのスマホを一緒に確認して、百万円社長のフォローを外した。

壮太郎「…よし。」

ゆま「百万円社長のせいであたしたち、SNSでいろんなトラブルに巻き込まれて。ごめんなさい、失礼なこと言って」

姫野「ううん、なんでも聞いてって言ったの私だし。でもごめん、それあたしじゃないや。百万円あったら人にあげられないから」

壮太郎「じゃあもうひとつ。俺たちのこと恨んでますか?」

姫野「え?恨む?なんでよぉ」

壮太郎「ごめんなさい。オレ、絶対違うって分かってるのに。最近いろんなことがあって自分に自信もてなくて。先生はSNSで傷ついてた俺の代わりに動画に映ってくれましたよね」

姫野「…そうだっけ。へぇー。私いい先生じゃん!」

壮太郎「どんな先生よりもいい先生でしたよ。けど、あのコメントのせいで、全部めちゃくちゃになって…騒がれて…嫌がらせされて」

姫野「でも元々嘘ついて先生やってたの私だから」

壮太郎「でも先生あの時、」

ゆま・壮太郎「ありがとうって言いましたよね」

姫野は学校を去る時、ありがとうとつぶやいていたのだ。

 

姫野「そうだっけ。そっかー。覚えててくれたんだ。ごめんね。いっぱいいっぱい迷惑かけて。」

姫野は少し泣いていた。

「迷惑かけといてなんだけどさ、よかったんだよ、あれで。今こうしてなんも嘘つかずに、まさとと向き合えてるんだから。」

ゆまも壮太郎も安心した表情で姫野の言葉を聞いている。

壮太郎「住所教えてくれた人に感謝だね。」

まさと「別にいいよ感謝なんて。住所教えたの、俺。」

壮太郎「え?」

まさと「だから動画のコメント、俺!母ちゃんいつもあんた達の話するから」

壮太郎「…たくさん話してくれてありがとうございました。それと本当にすみませんでした。今も昔も」

姫野はもう謝ることないと笑い、2人にもう飲めるよね?といって食べものとお酒をだした。

姫野「そのたこ焼き、ごっちんレシピで作ってるの。超人気商品なんだよ。はい、じゃあカンパーイ!」

4人は食事をしたり、壮太郎がまさととボールで遊んだりと楽しい時間を過ごした。

 

その夜の帰り道。

ゆまと壮太郎が並んで歩く。

壮太郎「ゆまちゃんも覚えてたんだね。姫野先生の言葉。」

ゆま「覚えてた。みんなの前では言い出せなかったけど」

壮太郎「俺も。自分にしか聞こえないと思ってたもん」

シェアハウスに到着し、2人は足を止める。

壮太郎「あの、ちょっといいかな」

ゆま「…うん」

2人はシェアハウスの外のベンチに腰を下ろした。

ゆま・壮太郎「…ごめんなさい」

2人はまた声が揃う。

ゆま「いや、壮太郎くんは謝ることない。私がたくさん嫌な思いにさせた」

壮太郎「あんな状況じゃ疑いたくもなるよ。…ゆまちゃん。」

ゆま「…はい」

壮太郎「結局百万円社長が誰なのか、さっぱりわからない中で言っても説得力ゼロだと思うけど。オレ、もうゆまちゃんに絶対悲しい思いとかさせないから。」

壮太郎はゆまを見つめた。

壮太郎「だから、これから先ずっ…」

壮太郎の言葉を遮って、ゆまがキスをした。

ゆま「…ずっと一緒にいて。もう絶対離さない。」

壮太郎はゆまを抱きしめて、今度は壮太郎からキスをした。

壮太郎「今日はもっと一緒にいたい」

ゆまも頷く。

 

シェアハウスの中に2人が入ると、中には新藤がいた。

新藤はなぜか驚いている。

壮太郎は嬉しそうに「帰ってきたのか」と声をかけた。

新藤は息をつき、「お前とちゃんと話をしようと思って。…いいかな」と言った。

ゆまはうん、もちろんと笑顔で了承した。

壮太郎「…ちょっと待ってて」

壮太郎と新藤は別室に移動した。

 

ゆまはリビングテーブルの椅子に座り、スマホを取り出す。

マユへメッセージを送るのだ。

「まゆちゃん、さっきね壮太郎くんと先生に会ってきた」

ゆまが一息ついたその時、突然、何者かが後ろからゆまの頭にビニール袋をかける。

「えっ?ちょっとっ」

ゆまは暴れるが、気を失ってしまう。

 

次の瞬間、気を失っているゆまの肩を誰かが揺さぶっている。

ゆまが目を開き、周りを見渡すと、床には新藤が倒れていた。

椅子を持ってゆまの目の前に座ったのは、壮太郎。

怒りに満ちた目をしている。

新藤は頭から血を流し、目をつぶっていて動かない。

ゆまが「…しんどうくん」と動こうとすると、手足が椅子に縛り付けられていることに気がついた。

「…どういうこと?」

壮太郎「…もう全部終わりだ。まだわかんないの?百万円社長はオレなんだよ」

壮太郎のアップで第14話が終わる。

 

フォローされたら終わりを無料配信終了後も見る方法

「フォローされたら終わり」は、現在無料で配信中ですが、配信終了期間が終了すると一部有料になると思われます。

配信期間が終了した後もずっと見たい!という人は、ぜひ今のうちにAbemaTVプレミアムの登録をしておきましょう!

現在、AbemaTVプレミアムでは1年分の月額料金を2019人にキャッシュバックするという超お得なキャンペーン中です。キャンペーン応募は12月27日までなので、おはやめに。※応募は17歳以上

AbemaTVの公式サイトはこちらから

※無料期間中に解約すれば料金はかかりません

-ドラマネタバレ
-,

Copyright© ありよりのあり , 2020 All Rights Reserved.