ドラマネタバレ

【フォロおわ】フォローされたら終わり12話のネタバレあらすじ!みゆきとちはるがついに対決!

フォローされたら終わり あらすじ キャストのプロフィール情報まとめ AbemaTV 無料
ありちゃん
AbemaTVで放送のフォローされたら終わり

あらすじ書き起こしとネタバレ考察しています!

当ブログではフォローされたら終わりに関する情報のまとめと考察を徹底的にやっていきます。

▽ドラマの基本情報やキャストに関してはこのページから

第11話では壮太郎犯人説が浮上!

さらに、今まで浮気匂わせをしていたちはるがついにみゆきと対決です。

考察だけを読みたい人はこちらからどうぞ。

フォローされたら終わり あらすじ キャストのプロフィール情報まとめ AbemaTV 無料
【フォロおわ】フォローされたら終わりの考察を毎週更新【1話から最新話まで】

続きを見る

※このページではネタバレを含みますのでご注意ください※

フォローされたら終わり12話のネタバレあらすじ

奪い愛!?女同士のガチバトル

みゆきがちはるに電話をかけ、ついに切り出した。

みゆき「ちはる、あんたさー…。カジと浮気してるでしょ」

ちはる「え?え、なにいってんの?」

ちはるは動揺している。

みゆき「いや、隠しても無駄。全部知ってるんだこっちは。むしろ匂わせてたよね?

あんたが純子のお見舞いに来なかった日。ランチミーティングのお店の写真。

わざとカジのスマホ見切れさせてた。」

ちはるは黙って聞いている。

みゆき「ネイル直しに来てた時もコソコソLINEしてた。内容はホテルのカードのポイント貯まったよ、だっけ。最初にカジと寝たのが成人式の時かな。てぃあらちゃん、生まれたばっかりの頃だったよね〜」

みゆきは何故か笑っている。

みゆき「あー。あと純子の結婚前のお祝いの時、合流してホテルでもいった?他にも証拠ならいっくらでもあるよ。だって、カジに関するインスタには、いっつもI♡Uのスタンプつけてるもんね〜」

ちはる「みゆき、やめて」

みゆき「もしかして、Uって梶浦勇樹のU? 匂わせが単純すぎない?」

ちはる「みゆき、もうやめてってば。…全部知ってて平気な顔でうちと会ってたってこと?」

みゆき「そりゃあ子供がいるから、別れられない…とでも言うと思った?

カジはうちのもの顔してるあんたが相当おめでたくてウケてたからだよ!」

ちはる「ゆうちゃんはみゆきに女を感じられない。子供が幼稚園にいったら別れるって」

みゆき「まあ2人目妊娠してるからそれも当分先だね」

ちはる「うるっさい!」

みゆき「カジの悪口拡散させたのちはるなんでしょ?どこで私が妊娠してる話きいたの、まだ親にしか話してないのに」

ちはる「あんたのネイルやってる時、百万円社長の分身っていうアカウントからDMがきて、そこに書いてあったの」

みゆき「でたー、百万円社長。あれって誰がやってんの?本気で姫野だったりする?」

みゆきは話しながら、移動して歩いている。

ちはる「知らないよ…」

みゆき「あっそう、どうでもいいけど」

ちはるは少し黙り、話し始めた。

「みゆきには悪いってずっと思ってたよ。あきらめなきゃって。けど無理だったの。ずっとずっと好きなの、ゆうちゃんが。誰にも祝ってもらえなくても自分のものにしたかったの。」

高校時代、みゆきがカジに告白していたのをちはるは見ていた。

みゆき「えっとー。言いたいことは全部終わった?」

ちはる「え?」

みゆき「まず不倫する奴はクソ!でももっとクソなのはそれを暴露するやつ!隠し通せよ奪うならうまくやれよめんどくせーなあ!…慰謝料はもらえるだけふんだくります。そしてとことん利用させてもらうから」

ちはる「利用って…?」

みゆき「まさかあんた、これでゆーちゃんがうちのものになるー♡とでも思ってた?」

ちはるは黙り、震えながら聞いていると、その背後にみゆきがやってきた。

みゆき「あんたって相当おめでたいね。SNSに位置情報のせちゃだめってゆまの時学ばなかった?」

ちはるが驚き、席を立った瞬間、みゆきは思いっきりちはるの顔に向かって殴りつけた。

その場に倒れこむちはる。

みゆきは殴った手を振り払い、

「じゃあね。今まで夫の処理係ありがとう。」といって店を出ていった。

倒れこんだまま、鼻血を出し泣いているちはる。

 

ゆまの会社。

ミーティング中だが、ゆまは純子たちに言われたことを思い返して仕事に集中できない。

「あいつを疑いたいわけじゃない。けど、それができるのは」

「壮太郎だよ」

ゆまが上の空であることに気がついたミズキは、ゆまちゃん?と声をかけた。

ゆま「ごめんなさい、えっとおちゃちゃの次回CMのコンセプトは…どこまで話しましたっけ」

ミズキ「…休憩にしよっか」

ミズキや上司たちは休憩のため席を離れてしまった。

すみませんと謝るゆま。

その時、ゆまのスマホにLINEの通知が。マユからだ。

『誰か相談できそうな人近くにいないの?』

その言葉に、ゆまは手元にあったミズキの資料写真を見つめた。

 

配信中のカジ。

「妻との待ち合わせ場所にきました。果たして、許してくれるのか…いや、そもそも来てくれるのか…」

そのとき、カジの背後から男二人組が声をかけた。

「また自殺配信ですかー?」

「な、なんすか」

「別にー?自殺の見学ぅ」

カジは明らかに絡まれている。場所をうつそうとしたその時、思い切り蹴りを入れられてカジは倒れる。

「ちょ、暴力はよくないっすよ!!」

「お前みたいな社会のゴミ、死んでもいいんだよ!!」

カジは罵声を浴びせられ、殴る蹴るの暴行を受けている。その様子もカメラは配信を続け、

コメント欄と投げ銭が加速していく。

その時、スーツ姿の男性がやってきて止めに入った。壮太郎だ。

カジ「壮太郎?」

壮太郎「お前らが犯人か…。お前らが100万円社長なのか!」

男「なんなんだよこいつ」

みゆきも走って駆けつけてくる。

みゆき「やめて壮太郎!」

カジも立ち上がり、「てめぇふざけんなよ!!!」と叫んだ。

みゆき「あーあ。」

絡んできた男たちは「てめぇ話と違うじゃねえかよガキ!」と怒っている。

壮太郎は戸惑っている。

「話って…どういうことだよ」

カジ「それはこっちのセリフだよ。…仕込みなんだよお!!!最初から全部!」

 

カジの自殺配信前の話。

みゆきがカジに電話している。

「パパの浮気の一部始終が晒されてるよ」

カジ「は?おいおい浮気なんかしてねえって」

みゆき「最近はちはると会社の女の2人でしょ。全部知ってるし今話すべきはそこじゃないから。」

カジ「え?」

みゆき「ここまできたらとことん燃えようよ」

自殺配信と暴行動画はみゆきと一緒に企てた仕込みだったのだ。

 

カジ「2人でどんな配信にするか話し合って、決めたのが、浮気の謝罪と自殺中継。死ぬ死ぬ騒いでたら再生回数上がるのわかってたんだわ。で、稼ぎ終わったらみゆきが家に飛び込んできて、首吊り阻止、からの熱い抱擁。っていう筋書き」

みゆき「足滑らせたのはアクシデント。あたしがゆまに連絡しなかったら死んでたからね」

ミズキ「いやアクシデント万歳w あのミズキがきたんだぞ。一気に再生回数あがって…みゆきも興奮したっていってたよな。再生数も、投げ銭の数も過去最高だったし」

2人は笑って話している。

壮太郎は何をいっているかわからないと言う顔で2人を見る。

みゆき「そうだよ。だから第二弾も仕込んでたのに、誰かさんに邪魔されて。カジが殴られてたら私が助けにきて、涙ながらに命乞いする。これで自殺配信の再生回数記録更新のはずだったのに!」

壮太郎「何考えてんだよ…わざと炎上させるなんて」

みゆき「もういいから、行って。壮太郎の優しさの押し付け、今日だけはやめてほしかったー」

壮太郎「え…みゆき…?」

カジ「っめんどくせえなあ!こっちはビジネスなんだよ!お前の友情ごっこにこっちを巻き込むなって!てかなにこれ嫌がらせ?マジで姫野とつながってんの?やっぱお前が百万円社長?」

壮太郎「なにいってんだよ!」

みゆき「壮太郎はさ、ゆまだけを幸せにすればいいんだよ。もうかえれって」

カジ「かえってくれよ!」

みゆき「かえれ!」

壮太郎は何も言うことができない。

その様子をまた何者かが撮影して配信している。

壮太郎はカメラを少し睨み、その場を去っていった。

カジは落とした自分のスマホを拾おうとする。

絡み役の男「で、どーしてくれんのこれ。大勢の前で恥かかされてよぉ」

殴られそうになったカジは逃げ、みゆきの後ろにまわった。

絡み役の男「こりゃ倍の金額払ってもらわねーとなあ」

カジ「もちろん、は、払います。ママ、みゆき、払って」

みゆきは黙っている。そしてカジの手を振り払い、

「ごめん、今一気に冷めた」と言った。

カジ「え?」

みゆき「今殴られそうになってあたしを盾にしたよね。もしお腹でも殴られてたら?赤ちゃんどうなってたと思う?」

カジ「いや、だから」

みゆき「どんなにクソでも子供のことは一番に考えてくれる、だから必死に稼ごうとしてくれてる、そう思ってたの。」

カジ「みゆき!」

みゆき「まじで冷めんのって一瞬だね。てかそっか、あたし浮気とか全部許すフリしてたんだ。お金は払いません。この人好きにしてもらっていいんで」

みゆきは絡み役の男にそう告げると、去っていく。

カジはみゆきを追いかけようとするが、男たちに羽交い締めされ連れて行かれてしまった。

その様子も別の誰かが撮影して配信している。

 

その夜8時、ミズキに言われた待ち合わせ場所にやってくる壮太郎。

指定されたビルに壮太郎が入ると、「こっちへどうぞ」などと指示が続いている。

「なんだよマジで」

壮太郎がイライラしながら部屋のドアを開けて進むと、そこにはゆまがいた。

驚いた顔で立ち上がるゆま。

壮太郎「ゆまちゃん…なんで…」

ゆま「なんできたの?」

しゃがんでいたミズキが立ち上がり、「もうバレてる。百万円社長の仲間だって」と言う。

壮太郎「は?」

ミズキ「ゆまちゃんに相談されたんだ。友達が彼氏のこと事件の犯人だって疑ってるって。どうにか潔白を証明したいって。だから言ったんだ。そんなの簡単だ、百万円社長に直接DMを送ればいいんだよって。

青柳ゆまを預かっている。危害を加えられたくなければ、8時に記載された場所に来いって、ね。

これで誰も来なかったら犯人の候補から外れるでしょ?けど、君は来た」

壮太郎「何言ってんだよ!あんたがここに来いって言ったんだろ!」

ミズキ「えっ?なんで僕がそんなこと言うの」

壮太郎「あんたがゆまちゃんについて話すって」

壮太郎の語気が強くなる。

ゆま「ミズキさんは悪くない!悪いのは全部私だから。」

壮太郎「ゆまちゃん…」

ミズキ「…まっ、あとは。話し合うならしてください」

ミズキは去ってしまう。

壮太郎「俺のこと本気で疑ってるの?」

ゆま「疑ってなんてなかった。みんなが壮太郎くんを犯人扱いしてるのが許せなくて。だから違うって証明したくて!」

壮太郎「俺にもっとはやく話してくれたら」

ゆま「もう傷ついて欲しくなかった!壮太郎くんが大事に思ってるみんなに疑われてるって知って欲しくなくて。でも結局私こんなことして…壮太郎くんいちばん傷つけた…」

ゆまは下を向き、泣きそうな声だ。

壮太郎「もういいって」

ゆま「よくない、全然良くないよ!あたし、隣にいる資格ない…疑われてるって思いながら一緒にいるのって、しんどすぎるよ」

ゆまは出て行こうとする。

壮太郎「ゆまちゃん!待って!」

壮太郎はゆまの手を握り、止めるがゆまはその手を振りほどく。

ゆま「もうどうしたらいいかわかんない…!」

ゆまは去っていく。

振りほどかれた壮太郎の手。

去っていくゆまを呆然とみつめる壮太郎の顔をアップに第12話が終わる。

フォローされたら終わりを無料配信終了後も見る方法

「フォローされたら終わり」は、現在無料で配信中ですが、配信終了期間が終了すると一部有料になると思われます。

配信期間が終了した後もずっと見たい!という人は、ぜひ今のうちにAbemaTVプレミアムの登録をしておきましょう!

現在、AbemaTVプレミアムでは1年分の月額料金を2019人にキャッシュバックするという超お得なキャンペーン中です。キャンペーン応募は12月27日までなので、おはやめに。※応募は17歳以上

AbemaTVの公式サイトはこちらから

※無料期間中に解約すれば料金はかかりません

関連記事

フォローされたら終わり あらすじ キャストのプロフィール情報まとめ AbemaTV 無料
【フォロおわ】フォローされたら終わりの考察を毎週更新【1話から最新話まで】

続きを見る

-ドラマネタバレ
-,

Copyright© ありよりのあり , 2020 All Rights Reserved.