ドラマネタバレ

【フォロおわ】フォローされたら終わり11話のネタバレあらすじ!壮太郎が犯人なのか?

フォローされたら終わり あらすじ キャストのプロフィール情報まとめ AbemaTV 無料
ありちゃん
AbemaTVで放送のフォローされたら終わり

あらすじ書き起こしとネタバレ考察しています!

当ブログではフォローされたら終わりに関する情報のまとめと考察を徹底的にやっていきます。

▽ドラマの基本情報やキャストに関してはこのページから

第10話では百万円社長にフォローされ、プライベートが晒されたカジが大炎上!

自殺配信で足を滑らせてしまったカジは助かるのか…?

考察だけを読みたい人はこちらからどうぞ!

フォローされたら終わり あらすじ キャストのプロフィール情報まとめ AbemaTV 無料
【フォロおわ】フォローされたら終わりの考察を毎週更新【1話から最新話まで】

続きを見る

※このページではネタバレを含みますのでご注意ください※

フォローされたら終わり11話のネタバレあらすじ

バレたのは、ふたつの三角関係

「早く黙って死なせろクソ!」と叫んだカジは足を滑らせ、ベランダから落ちてしまった。

首にかけたロープに吊らされて宙吊りになったカジは苦しみもがく。

ライブ配信中のカメラは主がいなくなった部屋を映し続け、コメントと投げ銭が加速していった。

その時、カジの部屋に入ることができたミズキとゆまがカジを引っ張り上げた。

ゆま「カジくん…」

ミズキ「危機一髪だったね…奥さんが合鍵の隠し場所電話してくれなかったらアウトだったよ。

よく頑張ったね。すごいよ」

ミズキはゆまの頭を抱き寄せてポンポンと優しく撫でた。

その様子もカメラに写っている。

 

ライブ配信を見ていたみゆきは、ホッとしてへたりこんだ。

心配していたためか、すごい汗だ。その汗がスマホの画面にポタ、と落ちる。

 

同じく、配信を見ていた壮太郎。

カジが助かった様子と、ゆまを抱き寄せているミズキの姿を見て、眉間にシワを寄せた。

 

壮太郎が病院に向かうと、待合の椅子にはミズキが座っている。

壮太郎「ミズキさんですよね」

ミズキ「もしかしてゆまちゃんの彼氏さん?」

壮太郎は頷きながら、「さっき彼女から病院に行くって連絡があって。…あの、彼女は?」

ミズキ「いま診察受けてる。心配しなくて大丈夫だよ。ちょっとカジくんを助けた時に怪我しちゃって」

壮太郎はそうですか…と言いながら心配そうに辺りを見回して腰を下ろした。

ミズキ「気になる?なんで俺がゆまちゃんといるのか。なんか心配だな、君が彼氏って」

壮太郎「それ、どういう」

ミズキ「明日夜8時、青山のミズキビルで話そうよ」

ミズキは正面から壮太郎の肩に抱きつき、顔を寄せて言った。

ミズキ「決めるんだよ。どっちがゆまちゃんにふさわしいか」

壮太郎「は?」

その時、ゆまが戻ってくる。

ゆま「壮太郎くん、きてくれたんだ」

壮太郎「怪我、大丈夫?」

ゆま「うん、一応診てもらっただけだから。ありがとうございました 色々」

ゆまはミズキに向かって頭を下げた。

ミズキ「できることはなんでも言って。また好きになってもらえるように頑張るから。

じゃあ、お大事にー!る♡」

ミズキは決めポーズをきめ、笑いながら去っていった。

 

壮太郎「なんなんだよ…」

壮太郎はミズキが去っていった方向を見ている。

ゆま「ごめん、壮太郎くん。今日ミズキさんの担当に戻ることが決まって」

壮太郎「えっ?けど、あいつゆまちゃんを炎上させたやつだろ」

ゆまは困った顔で頷いた。

ゆま「けど、きちんと謝ってもらったから」

壮太郎「そっか。ゆまちゃんが大丈夫なら」

2人が話しているところに、病院着のカジが現れた。

カジ「大事をとって1日入院だとさ。」

壮太郎「大丈夫か。その…1人で」

カジ「心配しなくても、もうアホな真似しねーからさ。悪かったなゆま、ひどいこと言って」

ゆま「ううん、もういいよ。みゆきに連絡するね」

カジ「いいよ、どうせきてくれないし。じゃあね」

カジは病室に戻っていく。

ゆま「あたし、会社戻るね」

壮太郎「え、これから?」

ゆま「せっかくきてくれたのにごめんね。けど、復帰したばっかりだしがんばらないと」

壮太郎は慌てて「じゃあ駅まで送るよ」と言い、ゆまと手を繋いだ。

 

純子の病室。カジがきている。2人はスマホを見ている。

純子「結局炎上させられてやんの。だっっさ!」

カジ「ちょっと、死にかけた友達にずいぶん手厳しいんじゃなくって」

純子「てか、純子が言うのもあれだけどさ、よくスマホいじれるよね」

カジ「いや、今俺生きてるし。そりゃいじるだろ。まあ結果オーライだろ。見ろよ、この動画再生数。」

カジの自殺配信は10万リツイート超えの反響だった。

純子「てかさ、みゆきちのことはどうでもいいわけ?」

カジ「あぁ、あいつは大丈夫。ずーっと俺に惚れてるし。」

 

ーー回想ーー

高校時代のカジとみゆき。

カジ「俺アホだしカスだし浮気するかもよ?それでもいいの?」

みゆきはカジに抱きつく。

みゆき「それでもいい。勇樹くんがいいの」

ーー回想終ーー

 

カジ「なんてったってガキもいるし。2人目も」

純子「さいってー」

カジ「そっちは?俺が炎上中になんか成果あった?」

純子「もちろん。あんまり求めてた感じじゃないけど」

純子は何かを考えている。

 

会社に残って仕事をするゆま。

マユからLINEがくる。

マユ『これ、ゆまでしょ?』

ミズキとの動画の件だ。

ゆま『ごめん、また心配かけて』

マユ『ゆまの友達大丈夫?ちょっと心配だよ』

 

翌朝、シェアハウス。仕事に出かける壮太郎はゴミをまとめている。

ふと、飾っていた当番表を見る。

太陽、新藤はいなくなり、壮太郎は1人になってしまった。

太陽、新藤、そしてミズキに言われたことを思い返し、ため息をついた。

 

純子の病室。ゆまが来ている。

純子「ごめんね、仕事前に呼び出して」

ゆま「何?大事な話って」

そこへカジもやってくる。

カジ「よお、ゆま」

ゆま「カジくん…!どう具合は」

カジ「あー…今はゆまちゃんのことをおもうと気が重いかな」

ゆま「えっ」

動揺するゆまに純子が話し始めた。

純子「今日はね、ゆまに忠告したくてきてもらったの。純子たちの中に100万円社長と、姫野とつながってる奴がいるのは間違い無いと思う。百万円社長にフォローされてないのは、壮太郎、ごっちん、ちはる。あとみゆきだけになった」

ゆま「その4人を疑ってるってこと…?」

カジ「いや、ぶっちゃけ壮太郎一択なんだわ。だから聞きたくて。なんか感じなかった?壮太郎と一緒にいて、怪しいところとか」

ゆま「なにいってるの?そんなわけ…」

カジ「まあまあ冷静に聞けって。ごっちんのSNSスキルは幼稚園児並だし、みゆきはてぃあらにつきっきり。ちはるはそもそも姫野とクソ仲が悪い。あとあいつはこのメンバーにそこまで執着がない。いっぽう壮太郎はどうよ。姫野と仲良いし、曲がった事が大嫌い」

ゆま「それ本気でいってるの?そもそも壮太郎くんはSNS一切やってないし」

純子「今はね。」

カジ「覚えてないの?あいつ昔自分のことめっちゃエゴサしてたじゃん。エゴサしまくった結果バスケ部のやつらが自分の悪口言ってるって探り当てたんだし。ていうか、あそこまで毛嫌いするってことは、もはや好きじゃね?」

純子「まあ、裏でアカウント持っててもおかしくないし」

ゆま「ひどいよ。なんの証拠もないのに壮太郎くんを疑うなんて」

カジ「まー、現状証拠あるんだわな。」

ゆま「…え?」

ガラガラと扉を開く音がして、新藤が入ってきた。

純子「あ、きた」

カジはほら話せって早く、といい新藤の背中を押す。

新藤「百万円社長のフォロー、俺はずっと外してた。ゆまちゃんに忠告されて。けど、知らない間にまたフォローしてて。どうしてそうなったのか、考えた時…」

カジ「壮太郎しかいないんだよ!」

新藤「俺だってあいつを疑いたいわけじゃない。けど、それができるのは」

カジ「壮太郎だろ?一緒に住んでるあいつしかいない」

純子「純子もね、太陽にLINEして聞いてみたんだ。あの動画の持ち主に心当たりはって。そしたらあの動画、限定公開でほんの一部の人にしか出回ってない動画なんだって。」

太陽が晒された、未成年の女の子に酒を強要している動画のことだ。

純子「太陽のスマホなりパソコンが触れたら簡単に手にはいるってわけ」

カジ「ほら壮太郎じゃん」

ゆま「壮太郎くんがそんなことするわけない」

カジ「じゃあ、俺が炎上した事故動画。誰と一緒にいたよ。壮太郎だよ!あいつ俺を轢きかけたジジイと連絡先交換してたんだぞ。壮太郎にそそのかされてニュース番組とか出たんだって、そうに決まってる」

純子「純子のSNSのパスワード、壮太郎知ってるんだ」

ゆま「え?」

純子「壮太郎と付き合ってた時、純子と壮太郎の誕生日ならべたやつ」

ゆま「そんな昔のこと…」

カジ「いや覚えてんだろそんな重い女のエピソード!あとは、ゆまちゃん炎上させるの簡単だしな。そんで結果付き合ってんだから美味しい思いしてんじゃん」

ゆま「やめて、もう聞きたくない」

ゆまは遮り、首を振った。

ゆま「みんなおかしいよ!壮太郎くんがいつもみんなのことをどれだけ思ってるか分かってるのに」

純子「純子だって信じたくないよ。でも、これだけ怪しいネタが揃ってるんだもん。ゆまに忠告しないわけにはいかないでしょ」

ゆま「そうだよね。私を心配してくれたんだよね。…でもごめん、私は壮太郎くんを信じてる。待ってて、私が絶対壮太郎くんが犯人じゃないって証明するから。」

ゆまはそう言い、病室から飛び出していった。

残されたカジ、純子、新藤。

カジ「てゆーかなんで俺らが悪者みたいになんのかね」

ゆまはこれまでの壮太郎のことを思い出していた。

マユにメッセージを送る。

『マユちゃん助けて。これ以上、壮太郎くんが傷つくの見たくない』

 

病院から出てくるカジ。

スマホをかざし、さっそく配信開始している。

「はーい!わたくしカジキング、退院しましたー!イェー!」

いつものテンションだ。

「皆様、昨日はお騒がせしました!あの、自殺に失敗して生き恥を晒しているんで、さらに恥を晒していこうかと…私、今から妻に復縁を迫りに行きたいと思います!」

 

その頃、みゆきは外のベンチに座り笑顔でスマホを見ていた。

スクリーンショットを何枚も撮っている。

それは、ちはるのインスタ。

ちはるの投稿には「I♡U」のテキストが必ず入っていた。

 

時を同じくして、カフェでインスタ投稿をしようとしているちはる。

I♡Uの加工を入れようとしていたその時、電話が鳴った。

「もしもし?」

 

仕事中の壮太郎に、ごっちんからメッセージが来る。

「カジがまた配信やってんぞ!」

壮太郎がURLをタップすると、カジの配信画面になった。

カジ「昨日あの瞬間オレは死んだ、そして生き返った」

壮太郎「あのバカ…」

 

ちはるに電話をかけてきたのは、みゆきだった。

ちはる「みゆき大丈夫?ずっと心配してたんだけど」

みゆき「ちはる、あんたさー。カジと浮気してんでしょ。」

ちはる「え?」

 

配信中を続けるカジの後ろに、怪しい男2人が近づいてくるところで第11話が終わる。

フォローされたら終わりを無料配信終了後も見る方法

「フォローされたら終わり」は、現在無料で配信中ですが、配信終了期間が終了すると一部有料になると思われます。

配信期間が終了した後もずっと見たい!という人は、ぜひ今のうちにAbemaTVプレミアムの登録をしておきましょう!

現在、AbemaTVプレミアムでは1年分の月額料金を2019人にキャッシュバックするという超お得なキャンペーン中です。キャンペーン応募は12月27日までなので、おはやめに。※応募は17歳以上

AbemaTVの公式サイトはこちらから

※無料期間中に解約すれば料金はかかりません

関連記事

-ドラマネタバレ
-,

Copyright© ありよりのあり , 2020 All Rights Reserved.